パワーボムの自転車日本縦断記

自転車旅行やその他の旅行に関するブログ

日本縦断の定義と目標

自分なりの日本縦断の定義と目標、それから始めようと思ったきっかけについて説明します。

日本縦断とは
①本土最北端から本土最南端まで自走する
②日本各地の鉄道遺産を巡る
③できるだけ多くの観光地を訪問し、名物グルメを楽しむ
④無事故で帰る


①本土最北端から本土最南端まで自走する
とりあえず北海道の宗谷岬から鹿児島の佐多岬まで自転車のみで行ければ目標達成です。
ただし北海道から本州へは船じゃないと行けませんし、四国に寄り道するためにしまなみ海道を往復したくなかったので、函館~青森と岡山~香川は例外的にフェリーを使いました。
最初は沖縄へ行くことも検討しましたが、本当の日本最南端である波照間島へは輪行しないと行けないため断念しました。

②日本各地の鉄道遺産を巡る
廃線跡や鉄道資料館は場所によっては公共交通機関では行きづらい場所にあります。
しかし自転車だったら細い道の先にあったり、駐車スペースが無かったりしても気にせずに回れます。

③できるだけ多くの観光地を訪問し、名物グルメを楽しむ
せっかく遠くまで来たのに何もせずに帰るのはもったいないです。
ということで通り道にある観光名所や名物料理を満喫します。

④無事故で帰る
家に戻るまでが旅行です。
いくら目標を達成できても生きて帰れなければ台無しです。


なぜ自転車で日本を縦断しようと思ったか
学生である今しかできないからというのが最大の理由です。
お金は無くても時間と体力は余っているため、社会人になって忙しくなる前にやろうと思いました。
また周りの学生がボランティアやインターンシップで海外に行ったのを見て、こっちも負けてられないと思ったのも理由の一つです。
ところでなぜ日本一周ではなく日本縦断を選んだかということに関してはまた別の機会に話します。