パワーボムの自転車日本縦断記

自転車旅行やその他の旅行に関するブログ

【前哨戦2日目】2018/8/27 追分~栗山


昨晩の寝床です。

出発してたまたま国道の脇にあったので川端駅に立ち寄ってみました。


東追分駅が無くなったので上からシールを張ってます。

ここまでは普通の駅ですね。
しかし跨線橋の先に何やら怪しげな客車が。


UNITOPIA KAWABATA
パークゴルフレストハウスと書いてありますね。

 

跨線橋の奥に客車の方へと続く通路が残っていました。
どうせ鍵がかかっているだろうと思いましたが、普通に通り抜けできました。


どう見ても廃墟です。調べてみたところ、C62ニセコ号で使っていた客車をパークゴルフ場の受付兼休憩所として再利用していたみたいです。
2010年に廃業後、客車を無償譲渡する話が出て2016年春まで引き取り手を募集していたようですが、ご覧の通り放置プレイです。


夕張市に入って夕張メロン食べ放題のお店を見つけましたが、時間が早くて開店前でした。

>


廃止前に沼ノ沢駅と南清水沢駅の写真を撮ってやって来たのはこの場所。

文字が薄くて読めませんが、三菱大夕張鉄道の車両を保存している場所です。


客車の中に入れて座席や国鉄の路線図がそのまま残っているのがいいですね。

 

f:id:meihokkaido:20190629203233j:plain
f:id:meihokkaido:20190629203227j:plain


貴重な産業遺産なので末永く保存されることを願っています。


後ろの2両は締め切っていて入れませんでした。


他にも石炭車、コンテナ、バスがありました。
展示車両が多くて見応えがあります。


こっちは保線作業用の車両でしょうか。


続いてやってきたのは夕張支線の列車がS字カーブを曲がるところを撮影できる場所。


森の中から列車が現れました。


近くでもう一枚。


撮影を終えてセイコーマートで食パンを買いました。
朝食兼昼食兼おやつという万能な食料です。
ジャムをつければ味が変わって飽きないので多くのチャリダーに愛されています。
この3ヶ月間お世話になります。

 

ご当地入場券を求めて夕張駅までやって来ました。
駅舎が観光案内所と一体化していて合理的な造りです。


ホームは1面1線の簡素な構造です。
すぐ隣にホテルマウントレースイがあり、ここでご当地入場券や夕張支線のグッズを販売しています。

 

f:id:meihokkaido:20190629204742j:plain
f:id:meihokkaido:20190629204739j:plain


数字で見ると廃止が近いことを実感します。
左のポスターはホテルマウントレースイにありました。


鹿ノ谷駅にも来ました。
清水沢駅には以前訪れたことがあるのでこれで夕張支線全駅制覇です。
草に覆われている場所にかつて側線がたくさんあったと思うと哀しくなります。

 

f:id:meihokkaido:20190629204617j:plain
f:id:meihokkaido:20190629204614j:plain


夕張を出る前にぱんぢゅうを買ってみました。
焼いた生地の中に餡子が入っていて普通においしかったです。

そして峠を下って栗山町に入って栗山温泉に入浴後、マックスバリュへ。
イートインスペースがあったのでそこで時間を潰し、近くの公園で野宿しました。


走行データ
出発 追分 若草公園
到着 栗山 開拓記念公園
距離 81.09km
経費
セイコーマート夕張 ¥225
夕張駅 ¥170
ぱんぢゅう ¥90
栗山温泉 ¥350
ダイソー ¥108
マックスバリュ ¥438
合計 ¥1381